大豆

日本の伝統食材である大豆。
あなたは大豆が世界中から注目されている健康食であることをあなたはご存知でしょうか?

大豆には、コレステロールを減少させる作用がある食材として有名ですよね。
でも大豆の効果効能はそれだけではでありません。

血液をサラサラにして血管年齢を若返らせるとともに、万病予防に大きく貢献する食品なんですね。
まさに長寿美食といってもいいでしょう。

ここでは大豆に含まれる栄養成分の代表格である大豆イソフラボンのパワーや、大豆加工食品(納豆・豆腐・黒豆など)についてトピックを網羅しました。

この記事を読めば、あらためて大豆のすごさが理解できて、美味しい食べ方もわかるので、今日からあなたの食生活に取り入れることも可能です。

素晴らしい大豆の力を活用して、健康的できれいなサラサラ血液を取り戻し、血管年齢のアンチエイジングを実践していきましょう。

大豆タンパクがすごい理由

大豆料理

大豆タンパクを摂取するとどんな良いことがある?

大豆タンパクが圧倒的に健康に良い理由は、からだに負担をかけないかたちで質の高いアミノ酸を摂取できることです。
アミノ酸を効率よく摂取するだけなら、動物性食品によるタンパクでも何ら問題はありません。

しかし、動物性タンパクの場合、どうしても脂肪を過剰に摂取してしまいがち。
そうなると中性脂肪が増えたり、コレステロール値を高めてしまうのです。

いっぽう、大豆製品によるタンパクなら、お肉と比べてもまったく遜色ないアミノ酸をバランス良く吸収できるので、血液をサラサラにする働きが期待できます。

大豆の主な有効成分

大豆には主に以下の成分が含まれています。大豆がどれほど体に良いか一目瞭然です。

  • 大豆イソフラボン
  • グリシニン
  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • レシチン
  • カリウム
  • カルシウム
  • 大豆サポニン
  • 食物繊維
  • コリン

FDA(米国食品医薬品局)も大豆の健康効果を認めており、ヨーロッパでも大豆について研究が進められています。
大豆製品は世界の人々に愛されているといっても過言ではありません。

大豆イソフラボンの力

近年、美容と健康に関心の高い女性のあいだで話題になっている成分が「大豆イソフラボン」。
これは女性の一生にかかわっていく大事なホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と酷似した栄養成分です。

女性は生涯を通じてわずかティースプーン一杯程度しか女性ホルモンを分泌できません。
そのわずかな量で、閉経までのあいだ、メタボリックシンドロームや、動脈硬化、脳卒中、心疾患などの生活習慣病の脅威からデリケートなからだを守ります。

年齢とともに減っていくエストロゲンを補完して、更年期障害を予防できる成分として大豆イソフラボンが注目されているのです。
もちろん、血液や血管にとっても喜ばしい作用をもたらしてくれます。

イソフラボンは血管内皮細胞に直接作用して、NO(一酸化窒素)をつくる働きがあるのです。NOが増えることで血流が良くなり血管も強靱になっていくわけですね。

《関連》NO(一酸化窒素)が血管拡張させて血流を良くする

血圧も安定して、血管年齢のアンチエイジングにつながることは言うまでもありません。
他にも大豆製品に含まれたイソフラボンには以下の嬉しい効果が期待できます。

  • 美肌づくりのサポート
  • 悪玉コレステロールの抑制
  • 骨粗しょう症予防

いかがでしょう?
あなたも積極的に大豆イソフラボンを摂取したくなったのではないでしょうか。

グリシニンの力

大豆の有効成分のなかで、とりわけその健康効果が認められているのが「グリシニン」です。
この成分は、言ってしまえば「血管掃除のプロフェッショナル」。
ドロドロに汚れてめぐりの悪い血流をサラサラと円滑な流れにしてくれます。

グリシニンは善玉コレステロールを値を増加させるとともに、悪玉コレステロール値を減少させて、中性脂肪を取り除いてくれる働きも担ってくれるのです。
くわえて、インスリンの血中濃度を低下させ、動脈硬化のリスクも低減してくれる作用も。
大豆製品を通して、グリシニンをうまく摂取したいものですね。

では次に、大豆を使った加工製品の特徴をひとつずつ見ていきましょう。

納豆

納豆

納豆を食べるとどんな良いことがある?

苦手な人はなかなか好きになれない納豆ですが、その血液サラサラ効果は広く認められています。
血小板の凝集を抑制して、血栓を溶解するパワーが認められているのです。

納豆に含まれたビタミンB2も見逃せません。
これは通常の大豆の2~3倍と言われています。
ビタミンB2には血液の中で脂質の酸化を抑え、メタボ予防の強い味方となってくれるのです。

動脈硬化予防はもちろん、心筋梗塞、脳梗塞の予防に力を発揮。
きわめてパワフルで頼りがいのある食品なのです。

ナットウキナーゼ

納豆の健康パワーを支えているのがナットウキナーゼという成分です。
あなたも一度くらいは聞かれたことがあるでしょう。
これは他の大豆製品には含まれていない、納豆オリジナルの成分です。

血小板が固まって集まり血栓を生成されるのは、フィブリノーゲンという成分のよるもの。
ナットウキナーゼはフィブリノーゲンにはたらきかけて血栓を溶かし、血液のドロドロ改善効果が期待できます。

血液をサラサラにする納豆の食べ方

納豆を食べるとどれくらい効果が続くと思いますか?
なんと8時間といわれています。
朝食と夕食に2パック食べたら、ほぼ1日中、納豆の恩恵に浴することができるわけですね。

1日2パックが無理なら、せめて夕食の献立に納豆を取り入れたいものです。
早朝起こりやすいと言われる血栓予防に効果的といえるでしょう。

納豆のパワーを最大限引き出す食べ方としておすすめしたいのは、納豆+オクラ+ネギです。
とても相性がいい組み合わせなんですね。

オクラといえば、納豆と同じねばねば食品の代表格ですが、食物繊維やカルシウム、カリウムもたっぷり。
さらにネギにはビタミンCが豊富に含まれているので、納豆と一緒に食べると抗酸化力を最大限に高めることができるのです。

豆腐・豆乳

豆腐

豆腐・豆乳を食べるとどんな良いことがある?

豆腐や豆乳も納豆と並ぶ、大豆製品の代表格。
お味噌汁に入れたり、夏は冷や奴、冬は湯豆腐と、一年通して大活躍する食材ですよね。

栄養面でもひときわ優れていて、豊富な栄養素と高タンパクであることから、アンチエイジング効果の高い食品としても知られています。

それだけではありません。
豆腐や豆乳には、以下のパワフルな成分が含まれています。

  • グリシニン・・・コレステロールの上昇を抑制
  • レシチン・・・血管壁にしつこくこびりついたコレステロールを微細な分子に変えて溶解
  • イソフラボン・・・動脈硬化や骨粗しょう症を予防

「豆腐は苦手!」というあなたでも、豆乳なら大丈夫かもしれませんね。
大豆の栄養成分を「飲んで」からだに取り込むことができるのです。
まろやかな口当たりのお子様でも飲みやすいテイストの豆乳も販売されているので、一度試してみてはいかがでしょう。

大豆サポニン

豆腐や豆乳には大豆サポニンも豊富に含まれています。
では大豆サポニンにはどんな働きをしてくれるのでしょう。

きわめて優れた抗酸化作用によって、血栓の要因となる過酸化脂質をおさえる働きが認められています。
さらに、肥満や老化予防にも優れた効果も。

血液をサラサラにする豆腐や豆乳の食べ方、飲み方

毎日豆腐を食べるのはそれほど難しいことはありません。
なぜなら、日本人にはなじみのある食材だからです。

ありがたいことに豆腐や豆乳といった加工品でも、大豆が持つ有効成分は減殺されません。
あなたのお好みの料理に豆腐を入れてくださいね。

もし血液をサラサラにするために取り入れるなら、豆腐は1日半丁程度食べるのが理想的です。
豆乳であれば、紙パックとして販売されている200ml飲めば十分といえるでしょう。

黒豆

黒豆

黒豆を食べるとどんな良いことがある?

納豆や豆腐ほど、メジャーではないかもしれない黒豆。
でもその高い抗酸化力と血液サラサラ効果は他の大豆製品と比べても遜色ありません。

高タンパクでイソフラボンやビタミンが豊富なのも豆腐と同じ。
加えて肝臓や腎臓の機能を高め、高血圧の予防にも貢献します。

黒豆パワーの秘密はシアニジン

黒豆はぶどうマメと呼ばれていることもわかるとおり、黒い皮が特徴です。
実はその皮に含まれたシアニジンという成分が黒豆の力の源となります。

シアニジンはポリフェノールの一種で、血小板の凝集を抑制し、いびつになった赤血球を復元させます。
血流を良くして、血圧を下げる効果にも期待できるでしょう。

血液をサラサラにする黒豆の食べ方

黒豆の栄養成分をできるだけ速やかにからだに取り入れるなら、煮汁にして飲むことをおすすめします。
煮汁は苦手というあなたは、煮豆にして食べてもシアニジンを摂取することができます。

また、黒豆を使った、お茶やココアや和菓子などの加工品も豊富。
あなたのお好みのものを選んでみてはいかがでしょう。

まとめ

大豆は、血液をきれいにしてサラサラする作用が期待できる食材であることがわかりましたね。
血液を浄化させるだけでなく、コレステロールを少なくし、血圧を下げる働きも認められています。

上記以外にも、味噌、しょうゆなどの調味料や、きなこ、油揚げ、ゆば、高野豆腐、枝豆など、大豆加工食品はさまざまな形で、食卓を彩っています。

なんといっても、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を構成する食材です。
生活習慣病を予防して、健康で若々しい日々を送るためにも、積極的に長寿美食である大豆と親しみたいですよね。

以上、「大豆製品(納豆・豆腐・黒豆)が血液をサラサラにする理由」についてまとめてみました。
あなたが大豆と親しむきっかけとなれば幸いです。

【注目の3記事!!】これさえ読めばあなたもサラサラに…