血液をきれいにするための生活習慣とは?

キッチンに立つ女性

血管を衰えさせて、血液をドロドロにしてしまう原因、それは食事内容はもとより、ふだんの生活習慣もおおいに関係があります。

たとえば「喫煙」。
タバコはがん罹患率を一気に高めるだけではありません。
中性脂肪を増加させて、血管をデコボコにしてしまう活性酸素も増加させてしまうのです。

「運動不足」も血液が汚してしまう要因です。
LDL(悪玉コレステロール)を増やして、肥満への道を突き進むことになります。
「運動しないかわりに食事を抜けばいい」と考える若い女性も多いようですが、からだを支えるエネルギーを正しい方法で摂取しないと、健康を損ねるリスクを高めてしまうでしょう。

また、「睡眠不足」「過剰なストレス」も血液サラサラの大敵です。
血管を収縮させて血液の粘り気を増やすだけでなく、血小板が集まりやすくなり血液がスムーズに流れにくくなります。

つまり血液をきれいに保つためには、生活習慣を見直すことが大切なんですね。
このカテゴリーのコラムにしっかり目を通していただき、あなたのライフスタイル改善のヒントを得ていただければ幸いです。

ページの先頭へ