血管年齢を若くするにはどうすればいい?

血管イメージ

食生活が豊かになったせいでしょうか。実際の年齢よりも「血管年齢」が高い人が増えてきました。

あなたの周りでも、年齢よりも見た目が若い人がおられるでしょう。
あるいは、あなたも「実年齢より若いですね」と人から言われたことがあるかもしれませんね。

しかし、どんなに外側のアンチエイジングにお金をかけても、からだの内側の血管年齢の老化を食い止めないと、やがて見た目にも反映されていきます。
血管年齢が高いと、末端の動脈の柔軟性や弾力が失われて、からだのすみずみにまで血液が流れていかなくなります。
当然、血行が悪くなり、全身から疲労感がにじみ出てしまうでしょう。

血液の流れが阻害されたら、いつからだが不調になっても不思議ではありません。
全身にくまなく栄養素を送り届け、老廃物を運搬する役割を担っている血流が滞ると、血管が老化すると動脈硬化を起してしまい、全身にダメージを与えるとともに重大な病気にもつながってくのです。

たしかに「見た目年齢」も大切ですが、いつまでも健康を保つためには血管年齢のアンチエイジングを最優先事項とするべきではないでしょうか。

それは実年齢と血管年齢を対応させるということではありません。
実年齢よりも血管年齢を引き下げることが大事なのです。
そのために日々の食事や生活習慣を見直していく必要があるわけですね。

そこでこのカテゴリでは、あなたの「血管年齢」を若くするための具体的な方法をコラムにまとめました。

ページの先頭へ